「アメリカニズム」の終焉

書誌事項

「アメリカニズム」の終焉

佐伯啓思著

(中公文庫, [さ-66-3])

中央公論新社, 2014.10

タイトル別名

「アメリカニズム」の終焉 : シヴィック・リベラリズム精神の再発見へ

The closing of Americanism

アメリカニズムの終焉

タイトル読み

アメリカニズム ノ シュウエン

大学図書館所蔵 件 / 20

注記

『増補版「アメリカニズム」の終焉 : シヴィック・リベラリズム精神の再発見へ」』(TBSブリタニカ 1998年9月刊) を文庫化に際し、角書きとサブタイトルを外したもの

英語タイトル及び叢書番号はブックジャケットによる

参考文献: p388-391

内容説明・目次

内容説明

世界を席巻するアメリカニズムの解析は、近代主義の変容をどう捉えるかに関わる重要な問いを含んでいる。本書はそれに答えた先覚的な名著である。「グローバリズム」の限界を鋭く見すえ、調和ある社会に向けて思索を深めた本書の価値は、混迷の二十一世紀にあっていよいよ高い。

目次

  • 第1章 「現代」が問いかけるもの
  • 第2章 「ヨーロッパの時代」を支えたもの
  • 第3章 「アメリカの時代」の構図
  • 第4章 「アメリカニズム」の終焉
  • 第5章 「近代」をつくったシヴィック・リベラリズム
  • 第6章 「近代」から「現代」へ
  • 第7章 結論—「冷戦以後」と日本の位相
  • 増補 「グローバリズム」という虚構

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17093914
  • ISBN
    • 9784122060296
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    413p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ