ミュータントの決断

著者

書誌事項

ミュータントの決断

クラーク・ダールトン著 ; 青山茜訳

(ハヤカワ文庫, SF1979 . 宇宙英雄ローダン・シリーズ||ウチュウ エイユウ ローダン・シリーズ ; 484)

早川書房, 2014.11

タイトル別名

Die Materiesenke

Exodus der Mutanten

タイトル読み

ミュータント ノ ケツダン

大学図書館所蔵 件 / 3

収録内容

  • 物質の窪地
  • ミュータントの決断

内容説明・目次

内容説明

強者ケモアウクはライレの“目”をたずさえて、ただひとり“バジス”へとやってきた。物質の窪地に、ローダンを置きざりにしてきたのだ。ケモアウクはアトランに対して、ローダンを連れもどしたければ船の指揮権を自分にわたせと迫る。一方、宇宙空間を旅している二重コンセプトのエラート=アシュドンは、ハルノが“完全なる静寂の場所”と呼んでいた未知のゴールに近づいていた。じつはそここそ物質の熊地だったのだ!

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17348141
  • ISBN
    • 9784150119799
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    284p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ