道づれの旅の記憶 : 吉村昭・津村節子伝

書誌事項

道づれの旅の記憶 : 吉村昭・津村節子伝

川西政明著

岩波書店, 2014.11

タイトル別名

道づれの旅の記憶 : 吉村昭津村節子伝

タイトル読み

ミチズレ ノ タビ ノ キオク : ヨシムラ アキラ・ツムラ セツコ デン

大学図書館所蔵 件 / 43

注記

吉村昭, 津村節子の肖像あり

参考文献: p435-437

内容説明・目次

内容説明

作家をめざしていた津村節子は、昭和二八年、同じ志をもつ吉村昭と結婚した。そして節子は、本名北原節子の名前で、三谷晴美(瀬戸内寂聴)、佐伯千秋、三木澄子らとともに、少女小説の世界で活躍を始めた。一方、昭は作家としてなかなか芽が出ず、紡績糸販売の仕事で不渡り手形を出してしまい、その代償として三カ月余にわたる東北行商の旅に出る。心配になった節子は石巻にかけつけるが…。戦後文学史に大きな足跡を残してきた作家夫妻の、同行者にしてライヴァルという関係を、主要作品をたどりながら丁寧に描きだす。

目次

  • 戦争・入間川の青春
  • 放浪
  • 少女小説
  • 佐渡相川・八丈島
  • 智恵子と登美子
  • 会津の娘
  • 越前福井
  • 戦史を極める
  • 幕末・維新史を極める
  • 地震と津波

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ