「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい : 9割の医者が知らないストレス社会の新病

著者

    • 本間, 龍介 ホンマ, リュウスケ
    • 本間, 良子 ホンマ, リョウコ

書誌事項

「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい : 9割の医者が知らないストレス社会の新病

本間龍介著

(SB新書, 275)

SBクリエイティブ, 2014.11

タイトル読み

ウツ ト オモッタラ フクジン ヒロウ オ ウタガイナサイ : 9ワリ ノ イシャ ガ シラナイ ストレス シャカイ ノ シンビョウ

大学図書館所蔵 件 / 3

注記

監修: 本間良子

内容説明・目次

内容説明

うつ間違われやすく、日本の医者の9割が知らない症状「副腎疲労」(アドレナル・ファティーグ)。副腎が疲労し、適切なコルチゾールが分泌できなくなると、だるさや無気力などの不調が起こりやすい。しかも本人や医者もうつと誤解しやすいのが特徴。自身もかつて副腎疲労で苦しんだ経験を活かし、日本で唯一の外来診療を行う第一人者が、知られざるストレス社会の新病への対処法を教える。

目次

  • 第1章 うつっぽいけど原因がわらないその症状は「副腎疲労」(その症状はうつ病?それとも慢性疲労症候群?;抗うつ薬がすぐに処方される現状 ほか)
  • 第2章 さまざまな不調を引き起こす副腎疲労のメカニズム(生命維持に欠かせない副腎皮質ホルモン;過剰なコルチゾールは生活習慣病の引き金に ほか)
  • 第3章 副腎を養う正しい食習慣を心がける(私たちの体は食べたもので作られる;「食」への先行投資が大切 ほか)
  • 第4章 副腎が喜ぶ生活習慣を心がける(ストレスを10個ピックアップする;レコーディングでストレスの原因に迫る ほか)
  • 第5章 Q&Aケース別気になる副腎疲労相談室(いつも夜中の2〜4時頃に目が覚めてしまいます。どうすればぐっすり眠れるようになるでしょうか?;子どもの塩分の摂りすぎはよくないと聞きます。どのように「適量」を見極めればいいのでしょうか? ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17458423
  • ISBN
    • 9784797380095
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    205p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ