金森徳次郎の憲法思想の史的研究

書誌事項

金森徳次郎の憲法思想の史的研究

霜村光寿著

同成社, 2014.12

タイトル読み

カナモリ トクジロウ ノ ケンポウ シソウ ノ シテキ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 64

注記

学位論文 (日本大学, 2013年提出) を基に修正を施し一部削除・加筆したもの

内容説明・目次

内容説明

戦前は法務局長として、戦後は憲法担当国務大臣として、大日本帝国憲法と日本国憲法制定に深く関わった金森徳次郎。彼の著作や論文などを歴史学の視点から分析し、その憲法思想の有り様を解明することで憲法研究に新視角を拓く。

目次

  • 序章 歴史学としての憲法研究
  • 第1章 憲法思想の形成
  • 第2章 緊急勅令論—帝国議会の権限をめぐって
  • 第3章 国務大臣の輔弼の範囲—統帥権を中心に
  • 第4章 国体論と昭和一〇年代の憲法論—天皇機関説事件を中心に
  • 第5章 日本国憲法の制定—第九〇回帝国議会での審議
  • 第6章 日本国憲法施行後における憲法思想
  • 終章 金森徳次郎の憲法思想の歴史的位置

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17582091
  • ISBN
    • 9784886216847
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 283p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ