書誌事項

光線

村田喜代子著

(文春文庫, [む-6-5])

文藝春秋, 2015.1

タイトル読み

コウセン

大学図書館所蔵 件 / 7

注記

2012年7月刊の文庫化

叢書番号はブックジャケットによる

収録内容

  • 光線
  • 海のサイレン
  • 原子海岸
  • ばあば神
  • 関門
  • 夕暮れの菜の花の真ん中
  • 山の人生
  • 楽園

内容説明・目次

内容説明

東日本大震災の直後、ガンが発見された妻は、日本列島の南端で放射線治療を受ける。医療技術の恩恵と、原発事故の恐怖。地球の変動と自己の体内の異変—表題作「光線」をはじめ、「原子海岸」「ばあば神」「楽園」など、数多くの文学賞に輝く小説の名手が、震災後の日本人の生のあり方を問い直す、傑作短篇小説集。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17795398
  • ISBN
    • 9784167902896
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ