原子力・核・放射線事故の世界史

書誌事項

原子力・核・放射線事故の世界史

西尾漠著

七つ森書館, 2015.2

タイトル別名

原子力核放射線事故の世界史

タイトル読み

ゲンシリョク・カク・ホウシャセン ジコ ノ セカイシ

大学図書館所蔵 件 / 81

内容説明・目次

内容説明

広島・長崎原爆から、戦後70年間に起きた事故を総解説。

目次

  • 臨界事故相次ぐ—1950年代前期まで
  • 隠される大事故—1950年代後期
  • 冷戦下の核事故—1960年代前期
  • 水爆落下—1960年代後期
  • 日本事故列島—1970年代前期
  • TMI事故への道—1970年代後期
  • ひろがる放射線源被曝—1980年代前期
  • 地球被曝—1980年代後期
  • アジアで事故続発—1990年代前期
  • 核燃料サイクルの悪夢—1990年代後期
  • 老朽化する原発—2000年代前期
  • 自然災害が原発を襲う—2000年代後期
  • メルトダウン—2010年代前期

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB17818992
  • ISBN
    • 9784822815240
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxvi, 330p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ