書誌事項

近世浄土宗史の研究

宇高良哲著

青史出版, 2015.4

タイトル読み

キンセイ ジョウドシュウシ ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 35

内容説明・目次

目次

  • 徳川家康と関東浄土宗寺院—関東入国当初の大巌寺と増上寺
  • 大巌寺二世安誉虎角雲潮—徳川家康関東入国後最初に交流した浄土宗僧侶
  • 近世初期の檀林小金東漸寺について
  • 草創期の関東十八檀林を支えた人々—特に近世初期の住職の動向を中心に
  • 後陽成天皇と知恩院の香衣執奏
  • 増上寺中興観智国師源誉存応について
  • 山役者良正院宗把の斡旋行為について—江戸時代初期の知恩院の実力者
  • 近世初期の知恩院住職と檀林生実大巌寺の関係について
  • 近世初期における安土浄厳院と豊浦正覚院の本末争い—特に天台僧南光坊天海の関与を中心に
  • 近世初期における関東浄土宗寺院の本末関係について〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18453764
  • ISBN
    • 9784921145521
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    25, 624, 58p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ