歴史学が問う公文書の管理と情報公開 : 特定秘密保護法下の課題

書誌事項

歴史学が問う公文書の管理と情報公開 : 特定秘密保護法下の課題

安藤正人, 久保亨, 吉田裕編

大月書店, 2015.5

タイトル別名

公文書の管理と情報公開 : 歴史学が問う : 特定秘密保護法下の課題

タイトル読み

レキシガク ガ トウ コウブンショ ノ カンリ ト ジョウホウ コウカイ : トクテイ ヒミツ ホゴ ホウカ ノ カダイ

大学図書館所蔵 件 / 130

注記

文献一覧: 各章末

内容説明・目次

内容説明

歴史を闇に葬らせないために—近現代史が明らかにする「情報公開後進国」日本の現状とそれに拍車をかける特定秘密保護法の問題性。民主主義に不可欠の“情報”を国民の手に取り戻す道を歴史学とアーカイブズ学の立場から問う。

目次

  • 総論
  • 第1部 「情報公開後進国」日本を問い直す—戦後・そして現在(公文書管理法と歴史学;沖縄返還をめぐる日本の外交文書—米外交文書との協働による史的再構成;日韓会談をめぐる外交文書の管理と公開)
  • 第2部 公文書管理の日本近代史(日本近代における公文書管理制度の構築過程—太政官制から内閣制へ;戦前期日本における公文書管理制度の展開とその問題性—「外務省記録」を中心に;日本の官僚制と文書管理制度;地方自治体における公文書管理とアーカイブズ)
  • 第3部 世界で進む公文書の管理と公開(情報重視の伝統に基づく公文書の管理と公開—イギリスの場合;台湾の公文書管理と政治—制度的先進性と現実)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ