書誌事項

原民喜戦後全小説

原民喜 [著]

(講談社文芸文庫, [はF4])

講談社, 2015.6

タイトル読み

ハラ タミキ センゴ ゼンショウセツ

大学図書館所蔵 件 / 62

注記

「定本原民喜全集」1・2巻 (1978年 青土社刊) を底本として刊行された「原民喜戦後全小説」上・下巻 (講談社文芸文庫 1995年刊) を1巻に編集したもの

年譜: p568-577

著書目録: p578-579

収録内容

  • 夏の花
  • 廃墟から
  • 壊滅の序曲
  • 忘れがたみ
  • 小さな庭
  • 吾亦紅
  • 冬日記
  • 秋日記
  • 画集
  • 雲の裂け目
  • 魔のひととき
  • 苦しく美しき夏
  • 夢と人生
  • 遥かな旅
  • 美しき死の岸に
  • 死のなかの風景
  • 心願の国
  • 小さな村
  • 氷花
  • 飢え
  • 火の踵
  • 災厄の日
  • 火の唇
  • 鎮魂歌
  • 火の子供
  • 永遠のみどり
  • 二つの死
  • 星のわななき
  • 昔の店
  • 曲者
  • 西南北東
  • 山へ登った毬
  • 気絶人形
  • うぐいす
  • 二つの頭
  • 屋根の上
  • もぐらとコスモス
  • 誕生日

内容説明・目次

内容説明

一九四五年八月六日、郷里の広島で被爆し一命を取り留めた原民喜は、この惨劇を書き残すことを決意する。“殺人光線”で焼けただれた肉体を、死にゆく者の呻き声を、遺体に埋もれ地獄絵図と化した光景を、克明に描き尽くす。戦禍の記録を文学へ昇華させた傑作「夏の花」三部作、亡妻への想いが滲む「美しき死の岸に」ほか計三十九篇。原爆を生み落した世界と人類に突きつける、文学の結晶。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB18828404
  • ISBN
    • 9784062902762
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    579p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ