書誌事項

室生犀星

富岡多惠子 [著]

(講談社文芸文庫, [とA10])

講談社, 2015.9

タイトル別名

室生犀星

タイトル読み

ムロオ サイセイ

大学図書館所蔵 件 / 54

注記

「富岡多惠子集9」(筑摩書房 1999年5月刊) を底本とし、「近代日本詩人選11」(筑摩書房 1982年12月刊) およびちくま学芸文庫 (1994年8月刊) を参照したもの

叢書番号はブックジャケットによる

室生犀星年譜: p277-292

テキスト及び主要参考文献: p293

年譜 (富岡多惠子) : p316-323

著書目録: p324-329

内容説明・目次

内容説明

なぜ詩人犀星が小説を書くようになっていったのか。なぜ小説家となった後も生涯にわたり詩を書き続けたか。同じく詩人として出発し、小説へと舞台を移した後、詩を書かなくなった“犀星ファン”の著者は、犀星の詩を丹念に読みながら、稀有な詩人・小説家の生涯と内奥、そして「詩」と「小説」の深淵に迫っていく。類い稀な個性と個性の邂逅が生んだ、傑作評伝。

目次

  • 1 詩人の誕生
  • 2 『愛の詩集』と『抒情小曲集』
  • 3 詩から小説へ
  • 4 詩の微熱
  • 5 戦時下の詩
  • 6 詩の晩年

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ