ロジカルシンキングを鍛える

書誌事項

ロジカルシンキングを鍛える

細谷功著

(Visionary seminars, 05)

KADOKAWA, 2015.9

タイトル読み

ロジカル シンキング オ キタエル

大学図書館所蔵 件 / 31

内容説明・目次

内容説明

論理的に考え、文書化し、伝える。ビジネスに必須の力が身につく!考えがまとまらない、話が伝わらない、ミスが多い…こんな人に。仮説思考、MECE、問題解決、マーケティング。

目次

  • 01 なぜ、ロジカルシンキングが必要なのか?—ロジカルシンキングの重要性(ロジカルシンキングはなぜ必要?—伝わらない・わからない理由を知る;どんな人にも思考の「クセ」がある—自分中心の思考に気づく ほか)
  • 02 ロジカルシンキングとは?—ロジカルシンキングの条件(論理的であるとはどういうことか?—根拠・一貫性・客観性;論理は3つの要素で構成される—前提・推論・結論 ほか)
  • 03 ロジカルシンキングの実践—全体のつながりを見る手法とツール(「モレなくダブリなく」考える—MECE;ツリーで全体の関係をつかむ—ロジックツリーの活用 ほか)
  • 04 考え方を考える—ビジネス関連の他の思考法(まず結論から考えてみる—仮説思考;「考える」とは「上位概念でつなぐ」こと—上位概念・下位概念 ほか)
  • 05 ロジカルシンキングの「取り扱い上の注意」—ロジカルシンキングにも弱点がある(論理よりも感情が大切なときもある—論理と感情の使い分け;論理と直感をうまく組み合わせる—論理と直感の関係 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19575166
  • ISBN
    • 9784046012616
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    157p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ