あたりまえでいい : ぐうたら和尚の“日々これ好日"

書誌事項

あたりまえでいい : ぐうたら和尚の“日々これ好日"

板橋興宗著

佼成出版社, 2015.8

タイトル別名

ぐうたら和尚の日々これ好日

タイトル読み

アタリマエ デ イイ : グウタラ オショウ ノ ニチニチ コレ コウジツ

大学図書館所蔵 件 / 5

内容説明・目次

内容説明

学生時代の不眠とノイローゼ。出家するも八年間の放浪、そして一からの再修行…。後に、大本山總持寺貫首、曹洞宗管長とあまり「あたりまえ」でない立場に就いてしまった“坐禅の虫”の物語。ゆったり、のんびり、遠回り。それもまた、意味があった。「渋柿も、いつかは熟す」ネコ寺の和尚さんが、たどりついた「毎日を楽」に生きる秘訣とは…

目次

  • 第1章 「いのち」あり
  • 第2章 足元からふらつかなくなる
  • 第3章 道を求めて
  • 第4章 騰騰として天真に任す
  • 第5章 理想の道場をつくる
  • 第6章 渋柿よ、木の上でゆっくり熟せ
  • 第7章 新・普勧坐禅儀—頭をカラッポにする
  • 第8章 良寛さんのように、風そのものになる

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19697764
  • ISBN
    • 9784333027101
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ