ひかげの宿 ; 山桜 : 川崎長太郎「抹香町」小説集

書誌事項

ひかげの宿 ; 山桜 : 川崎長太郎「抹香町」小説集

川崎長太郎 [著]

(講談社文芸文庫, [かN6])

講談社, 2015.10

タイトル別名

ひかげの宿/山桜 : 川崎長太郎抹香町小説集

タイトル読み

ヒカゲ ノ ヤド ; ヤマザクラ : カワサキ チョウタロウ マッコウチョウ ショウセツシュウ

大学図書館所蔵 件 / 44

注記

「夜の家にて」 (「戦後短篇小説再発見 12」講談社, 2003年6月刊), 「無縁」「金魚草」「淡雪」「褪色記」「野良犬」 (「抹香町」講談社, 1955年7月刊), 「山桜」 (「昭和文学全集 14」小学館, 1988年11月刊), 「再会」 (「日本短篇文学全集 28」筑摩書房, 1970年6月刊), 「娼婦」 (「流浪」文芸評論新社, 1959年2月刊), その他5篇は初出誌、を底本としたもの

叢書番号はブックジャケットによる

年譜: p354-376

著書目録: p377-381

収録内容

  • 夜の家にて
  • ひかげの宿
  • 無縁
  • 浮草
  • 金魚草
  • 淡雪
  • 褪色記
  • 女色転々
  • 山桜
  • 野良犬
  • たそがれの色
  • 再会
  • 娼婦
  • 三叉温泉

内容説明・目次

内容説明

『抹香町』によって、時代の寵児となった川崎長太郎—。しかし短篇群“抹香町もの”の全体像は、纏められたことがない。初期作「夜の家にて」から、売春防止法施行、「抹香町」の消滅、その後日譚まで、十四篇を精選した本書は、『新編 抹香町』ともいいうる。煽情的な私娼小説を超え、孤独な男女の魂の道行、虚飾を剥ぎ取り、危険水域に生きる者たちの生の原形質へと迫る。長太郎文学の核心を余すところなく示した、歿後三十年記念出版。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19780926
  • ISBN
    • 9784062902878
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    381p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ