ミイラになるまで : 島田雅彦初期短篇集

書誌事項

ミイラになるまで : 島田雅彦初期短篇集

島田雅彦 [著]

(講談社文芸文庫, [しJ2])

講談社, 2015.11

タイトル読み

ミイラ ニ ナル マデ : シマダ マサヒコ ショキ タンペンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

シリーズ番号はブックジャケットによる

年譜: p276-289

著書目録: p290-299

収録内容

  • 観光客
  • 聖アカヒト伝
  • ある解剖学者の話
  • 砂漠のイルカ
  • アルマジロ王
  • 断食少年・青春
  • ミイラになるまで

内容説明・目次

内容説明

釧路湿原のビニール小屋で、ミイラ化した死体と、彼が自死に至るまでを克明に記したノートが発見された(表題作)。独裁国家を世襲した男と孤高の批判者(聖アカヒト伝)、幻の救世主を探し彷徨う巡礼の旅(アルマジロ王)など、著者が二十代の新人作家時代に発表した短篇七作品。アイロニーを纏う饒舌な言語感覚と、時代への尖鋭な批評精神で表現し続ける、島田文学の源流を遡行する。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19981655
  • ISBN
    • 9784062902939
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    299p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ