五日市憲法草案とその起草者たち

書誌事項

五日市憲法草案とその起草者たち

色川大吉編著

日本経済評論社, 2015.11

タイトル別名

五日市憲法草案とその起草者たち : 五日市草案・嚶鳴社草案全文収録

民衆憲法の創造

タイトル読み

イツカイチ ケンポウ ソウアン ト ソノ キソウシャ タチ

大学図書館所蔵 件 / 73

注記

「民衆憲法の創造」(評論社 1970年刊)の改題改訂

その他のタイトルはジャケットによる

参考文献: 章末

内容説明・目次

内容説明

美智子皇后も感銘した五日市憲法草案の人権規定。それはどんな地域で、どのような人びとによって起草されたか。原点をみる。

目次

  • 第1部 五日市憲法の創造(五日市学芸講談会と起草者千葉卓三郎;人権の先覚者—千葉卓三郎波瀾の生涯)
  • 第2部 埋もれた多摩の人脈(歴史に埋もれた人びと;民衆憲法を生みだした山村共同体;“地域”研究と市民の歴史学—ある運動の理論的総括)
  • 第3部 五日市憲法草案と嚶鳴社憲法草案の研究(五日市憲法草案の研究;嚶鳴社憲法草案の研究)
  • 第4部 世界の模範・「日本国憲法」(自由民権期の民衆憲法と日本国憲法の源流—五日市憲法草案からみえるもの;現憲法の理想の実現こそが人類の歴史に新しいページを開く—現憲法成立の経維から「押しつけ憲法」論を批判する)
  • 史料 五日市憲法草案、嚶鳴社憲法草案全文

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ