科学者、あたりまえを疑う

書誌事項

科学者、あたりまえを疑う

佐藤文隆著

青土社, 2016.1

タイトル別名

科学者あたりまえを疑う

タイトル読み

カガクシャ、アタリマエ オ ウタガウ

大学図書館所蔵 件 / 102

注記

『現代思想』に2014年9月から翌年11月に連載の「科学者の散歩道」第13-24回を、加筆し再録したもの

内容説明・目次

内容説明

ほんとうのクリティカル・シンキングのすすめ。科学の本質を見つめて、いま起きている社会の問題を考え直したとき、いつもどおりの世界がすべて不思議に思えてくる。「科学ってなんだっけ」。碩学のいまさらながらの問いかけからはじまるユニークにして痛快なエッセイ集。

目次

  • 大森荘蔵の「時は流れず」、量子力学90年「汽車が別れをつれてくる」
  • ゲーテの色彩論、「できちゃった人間」「青い地球は誰のもの」
  • 無人物理か?有人物理か?「こんにちは赤ちゃん」
  • 重力はエントロピーの「情報力」「この道はいつか来た道」
  • 「シュレーディンガーの猫」の時代「いい湯だな」
  • 「問題には答え」、啓蒙思想の三要件「野ばら」
  • 「法の支配」とワンダー科学「やしの実」
  • 「力を抜く」マッハ力学「守るも、攻めるも」
  • 京大同学会「綜合原爆展」「人はおばけになる」
  • 司馬遼太郎の昭和、「行としての科学」「今は山中、今は浜」
  • オッペンハイマーという選択—「娘さんよく聞けよ」
  • 「民主主義」、そして四つの科学—「君の行く道は」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20389147
  • ISBN
    • 9784791769025
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    213p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ