福祉国家体制の危機と経済倫理学の再興 : ドイツ語圏における展開

書誌事項

福祉国家体制の危機と経済倫理学の再興 : ドイツ語圏における展開

永合位行著

(神戸大学経済学叢書, 第23輯)

勁草書房, 2016.1

タイトル読み

フクシ コッカ タイセイ ノ キキ ト ケイザイ リンリガク ノ サイコウ : ドイツゴケン ニオケル テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 64

注記

参考文献: p207-219

内容説明・目次

目次

  • 福祉国家体制の危機と経済倫理学の再興
  • ドイツ語圏における経済倫理学概観
  • 社会的市場経済の構想
  • K.ホーマンの「モラルの経済学的理論」の構想
  • J.ヴィーラントの「ガバナンス倫理学」の構想
  • P.ウルリッヒの統合的経済倫理学の構想
  • W.ケアスティングの最小社会国家の構想
  • P.コスロフスキーの倫理経済学の構想
  • カトリック社会論の基本的特徴
  • E.ナスの「目的倫理学としての経済倫理学」の構想
  • A.リッヒの福音主義経済倫理学の構想
  • 新たな経済秩序構想を求めて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20542958
  • ISBN
    • 9784326546459
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 226p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ