書誌事項

ヘーゲル国家学

神山伸弘著

法政大学出版局, 2016.2

タイトル別名

国家学 : ヘーゲル

タイトル読み

ヘーゲル コッカガク

大学図書館所蔵 件 / 78

注記

文献: 巻末pxv-xxi

内容説明・目次

内容説明

主権者としての自覚、そして改革の志をもつ若者たちに捧げられた講義『法の哲学』がいま、国家を考えぬくための学問としてよみがえる。歴史状況を超え、現代における自由と民主主義の理念をも問いに付すヘーゲル哲学との対峙。

目次

  • 序論 解釈者の国家像を批判する“国家”の動態性—ヘーゲル『法の哲学』に対する対立的な評価からの脱却をめぐって
  • 第1章 家族・市民社会・国家の人倫的な再建
  • 第2章 国家を動かす個人
  • 第3章 国家システム
  • 第4章 国家の論理と教養形成
  • 補論第1 理念と時間—ヘーゲルにおける「現在」の理解
  • 補論第2 自然と和解する精神—成熟期ヘーゲル精神哲学の一根本問題
  • 結語 自由による差異の承認—ヘーゲルの政治論理と民主主義の具体化

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ