書誌事項

木下杢太郎随筆集

木下杢太郎 [著] ; 岩阪恵子選

(講談社文芸文庫, [きK1])

講談社, 2016.3

タイトル読み

キノシタ モクタロウ ズイヒツシュウ

大学図書館所蔵 件 / 51

注記

「木下杢太郎全集」第7, 11-13, 15-18巻 (1981.6-1983.2 岩波書店) を底本に、新漢字・新仮名遣いに改め、ふりがなを調整して文庫化

シリーズ番号はブックジャケットによる

参考書目: p389-390

年譜 (柿谷浩一編): p402-413

内容説明・目次

内容説明

北原白秋らと文学美術運動「パンの会」を組織し、小説家、劇作家、キリシタン史研究家等として活躍した耽美派の詩人は、医師としてハンセン病根絶に尽力した智と義の人でもあった。三島由紀夫が「いちばん美しい紀行文」と称した「クウバ紀行」、加藤周一が鴎外以後、荷風と共に「高雅な余韻」を伝えると評する史伝(「森鴎外」)他を収録。旺盛な好奇心と繊細な感受性、広い教養と思惟の深さを具えた巨人が遺した散文の精髄。

目次

  • 1(小学校時の回想;すかんぽ;僻郡記 ほか)
  • 2(市街を散歩する人の心持;京阪聞見録;海郷風物記 ほか)
  • 3(小林清親の板画;フウゴオ・フォン・ホフマンスタアル父子の死;古語は不完全である・然し趣が深い ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20896972
  • ISBN
    • 9784062903035
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    413p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ