国の成り立ちと仏教伝来 : 縄文時代・奈良時代

書誌事項

国の成り立ちと仏教伝来 : 縄文時代・奈良時代

大角修著

(新・日本の歴史 / 大角修著, 1)

小峰書店, 2015.4

タイトル読み

クニ ノ ナリタチ ト ブッキョウ デンライ : ジョウモン ジダイ ナラ ジダイ

大学図書館所蔵 件 / 1

注記

監修:山折哲雄

年表:p94-95

内容説明・目次

内容説明

縄文土器にこめられた祈りは?聖徳太子の憲法とは?なぜ奈良の大仏はつくられたのか?鎮護国家の仏法とは何だったのか?小学校高学年から。

目次

  • 縄文土器をみる—森のなかで人びとはなにを考えていたのだろう?
  • 古墳がつくられたころ—大和政権の誕生
  • 仏教が伝わったころ—神と仏の衝撃の出会い
  • 斑鳩の聖徳太子—日本仏教の開祖になった皇子
  • 神になった大王—律令国家への道のり
  • 大宝律令の神仏—律令国家の神社と寺院
  • 平城京遷都—藤原氏の都の出現
  • 国分寺建立—鎮護国家の仏法とは
  • 東大寺の建立—大仏造立にむけて
  • 行基—「菩薩」とよばれた僧
  • 鑑真の来日—天下の三戒壇の設立
  • 大仏開眼と聖武上皇の崩御—僧一万人の大法会のあとに

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21028836
  • ISBN
    • 9784338293013
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    95p
  • 大きさ
    27cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ