法心理学への応用社会心理学アプローチ

書誌事項

法心理学への応用社会心理学アプローチ

若林宏輔著

ナカニシヤ出版, 2016.2

タイトル別名

Applied social psychological approach to law and psychology

法心理学への応用社会心理学アプローチ

タイトル読み

ホウシンリガク エノ オウヨウ シャカイ シンリガク アプローチ

大学図書館所蔵 件 / 71

注記

引用文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

日本の裁判員裁判に対して心理学に可能な貢献とは何か。心理学の視点または調査手法を用いた研究と、この新しく重要な司法制度との乖離を埋め、制度に付随する問題への理解を促し、運営・維持への提言を行う。

目次

  • 第1部 法心理学領域の再構築と本書を通底する2つの視座(モード論に依拠する法心理学と情報的正義;世界の法心理学の歴史と展開;日本の法心理学の歴史と展開)
  • 第2部 犯罪の発生から事件捜査における法心理学的問題:情報的正義の実現に向けて(捜査過程の情報収集としての目撃証言の取り扱いの問題;公判以前の事件報道と規制の問題;被疑者逮捕後の取調べ室の可視化と自白の任意性の問題)
  • 第3部 公判開始から判決までの法心理学的問題:評議構造分析(裁判員裁判・評議過程の発話構造と内容分析;陪審制度の評議構造と内容分析;陪審制度と参審制度の評議構造の比較)
  • 第4部 法心理学研究から見る裁判員制度への提案(総合考察:裁判員制度への応用社会心理学的アプローチ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21061988
  • ISBN
    • 9784779510366
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    vii, 277p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ