東洋易学思想論攷

書誌事項

東洋易学思想論攷

濱久雄著

明徳出版社, 2016.3

タイトル読み

トウヨウ エキガク シソウ ロンコウ

大学図書館所蔵 件 / 16

注記

附: 初出論文: 1枚

内容説明・目次

目次

  • 中国古代における易と暦法の牽連関係—卦気説の構造と原理を中心として
  • 蘇東坡の易学思想
  • 明代における来知徳の易学とその影響
  • 明代における何楷の易学とその影響
  • 黄道周の易学思想
  • 清代における漢易の展開—恵棟の『易漢学』を中心として
  • 毛奇齢の易学思想—『仲氏易』を中心として
  • 張恵言の易学思想と虞翻の易説
  • 智旭の『周易禅解』—その上梓の意図と研究方法
  • 焦循の易学思想—『易通釈』を中心として
  • 荻生徂徠の易学思想
  • 太宰春台の易学思想
  • 伊藤東涯の易学
  • 根本羽嶽と信夫恕軒との易学論争
  • 三島中洲の易学思想
  • 鈴木由次郎先生の思い出と学問

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21101641
  • ISBN
    • 9784896199581
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    478, 21p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ