「がん」では死なない「がん患者」 : 栄養障害が寿命を縮める

書誌事項

「がん」では死なない「がん患者」 : 栄養障害が寿命を縮める

東口高志著

(光文社新書, 818)

光文社, 2016.5

タイトル別名

がんでは死なないがん患者 : 栄養障害が寿命を縮める

タイトル読み

「ガン」デワ シナナイ「ガン カンジャ」: エイヨウ ショウガイ ガ ジュミョウ オ チジメル

大学図書館所蔵 件 / 63

注記

著者「高志」の「高」は「梯子高 (はしごだか) 」の置き換え

内容説明・目次

内容説明

がん患者の多くが感染症で亡くなっている。歩いて入院した人が、退院時にはなぜか歩けなくなっている。入院患者の3割は栄養不良—。まさに「病院の中の骸骨」とも言うべき高度栄養障害の患者がたくさんいる。こうした実態の背景には、栄養管理を軽視してきた日本の病院の、驚くべき「常識」があった。人生最後のときまで食べたいものを食べ、がんを抱えてでも、本来の寿命まで元気に生き抜くことはできる。そのために、私たちが知っておきたいことは何か。超高齢社会において、医療はどう変わらなければならないのか。チームによる栄養管理体制を日本に築いた医師による、医療改革の書。

目次

  • 序章 病院で「栄養障害」がつくられる
  • 第1章 がんと栄養をめぐる誤解
  • 第2章 症状や病気がちがえば栄養管理も異なる
  • 第3章 老いと栄養
  • 第4章 栄養についてもっと知る
  • 終章 食べて治す

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21230600
  • ISBN
    • 9784334039219
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    225p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ