書誌事項

法然と親鸞

山折哲雄著

(中公文庫, [や-56-3])

中央公論新社, 2016.5

タイトル読み

ホウネン ト シンラン

大学図書館所蔵 件 / 13

注記

叢書番号はブックジャケットによる

単行書 (中央公論新社, 2011年3月刊) の文庫化

『法然と親鸞』関係年表: p242-256

内容説明・目次

内容説明

求法のために比叡山にのぼり、やがて市中に降りた法然と親鸞。邂逅後、四十歳の年齢差を超えてともに茨の道を歩みはじめるが、宗教家としての道は大きく分かれていく。両者の師弟関係に焦点を絞り、師資相承とは何か、師弟相克とは何だったかということをテーマに、様々な資料から、その関係性をわかりやすく解き明かす。

目次

  • 法然の道、親鸞の道
  • 法然臨終
  • 「七箇条起請文」(一)—法然の弟子たちと親鸞
  • 「七箇条起請文」(二)—善信と住蓮、蓮生、幸西、行空
  • 二つの証言
  • 師以前の師
  • 親鸞の弟子捨て
  • 師と弟子の関係軸
  • ユダとアーナンダの物語
  • 親鸞、法然のもとへ
  • 思想の継承と離反
  • 『大無量寿経』をめぐる解釈
  • 分割相続か単独相続か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21278298
  • ISBN
    • 9784122062603
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    263p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ