書誌事項

千駄木の漱石

森まゆみ著

(ちくま文庫, [も-11-11])

筑摩書房, 2016.6

タイトル読み

センダギ ノ ソウセキ

大学図書館所蔵 件 / 39

注記

Webちくまの連載(2010年1月-11年2月)をまとめ、12年10月に刊行した『千駄木の漱石』を加筆修正したもの

主要参考文献: p334-335

漱石千駄木時代年表: p336-343

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

英語・英文学教師から国民的人気作家へと転身した場所、東京市本郷区千駄木町。代表作『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』もここで書かれた。多くの弟子にも恵まれ、嫌いな大学も辞めた、博士号も辞退した。それなのに、千駄木はイヤだ、豚臭い、そうか、それなら慈悲のために永住してやる…と。書簡、作品、明治の千駄木から描き出す素顔の漱石とは。文庫のために「千駄木以後の漱石」を加筆。

目次

  • 1(明治の借家事情;「偏鄙にて何の風情もこれなく—」 ほか)
  • 2(子規と漱石—伊予松山紀行;「転居せんと思うがよき家はなきか」—野村伝四と野間真綱 ほか)
  • 3(牡蛎的生涯;雁の肉、猪の肉—食いしんぼうの漱石 ほか)
  • 4(鈴木三重吉の手紙一件;「死んでいい奴は千駄木にゴロゴロ」 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ