医療紛争解決への処方箋 : 行政・医療界・法曹界の役割と対策

書誌事項

医療紛争解決への処方箋 : 行政・医療界・法曹界の役割と対策

植木哲著

ぎょうせい, 2016.5

タイトル別名

医療紛争 : 解決への処方箋 : 行政医療界法曹界の役割と対策

タイトル読み

イリョウ フンソウ カイケツ エノ ショホウセン : ギョウセイ・イリョウカイ・ホウソウカイ ノ ヤクワリ ト タイサク

大学図書館所蔵 件 / 30

内容説明・目次

目次

  • 第1部 医療紛争の背景(医療を取り巻く法律の思想;医療と法をめぐる新たな状況と課題;医療紛争の背後にあるもの—ムンテラと鴎外の法律学)
  • 第2部 医療紛争の合理的解決(医療ADR機関の目的と機能;医療ADRの過去・現在・未来;「医療紛争相談センター」の活動実績と今後の展望)
  • 第3部 医療事故調査制度の確立(医療事故における原因調査の必要性;「医療事故調査・支援センター」の新設と問題点)
  • 第4部 医療紛争の終焉に向けて(医師・患者関係の本質—医療裁判や医療ADRの実践から見えてくるもの;医療ADRの現在とこれから;資料 法律の観点から医療の常識を問う(講演))

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ