激動の時代と日本農業の活路

書誌事項

激動の時代と日本農業の活路

鈴木俊彦著

東京農業大学出版会, 2016.5

新版

タイトル読み

ゲキドウ ノ ジダイ ト ニホン ノウギョウ ノ カツロ

大学図書館所蔵 件 / 16

内容説明・目次

内容説明

農業に関心を持つすべての人、必読!TPP問題の核心を解明。農業とイデオロギーに関する知識を総ざらい。

目次

  • 第1部 日本農業と協同組合・緊迫の論点(深刻化する日本農業と農協の危機—“地方創生”との重なり合いのなかで;両サイド法人は“Win‐Winの方向”か?;誤解多い「食料自給率」の概念;農業における“合成の誤謬”—食料自給率向上と有機農業の相いれないパラドックス;減反四〇年に思う—桧垣徳太郎氏の誤算と宮脇朝男氏の見込み ほか)
  • 第2部 巡り合った人々の思い出(心に残る重鎮の取材;回想の先人たち;リーダーの人間模様;農村女性指導に打ち込まれた輝けるトリオ;有楽町に農協会館があった頃 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ