陰謀と虐殺 : 情報戦から読み解く悪の中東論

書誌事項

陰謀と虐殺 : 情報戦から読み解く悪の中東論

柏原竜一著

ビジネス社, 2016.6

タイトル読み

インボウ ト ギャクサツ : ジョウホウセン カラ ヨミトク アク ノ チュウトウロン

大学図書館所蔵 件 / 3

内容説明・目次

内容説明

アメリカの民主化工作=アラブの春を逆手にとり、イスラム国をも利用するアラブ諸国と欧米露の暗闘を暴く。未邦訳の海外文献を多数参照!シリア内戦をめぐる複雑な構図が一目でわかる勢力図入り。

目次

  • 第1章 繰り返されるテロと欧州の没落
  • 第2章 中東諸国の原型となったエジプト
  • 第3章 宗教国家イランを支えるインテリジェンス
  • 第4章 サウジの「エージェント」だったビン・ラーディン
  • 第5章 イスラム国の起源—過度の残虐性はなにに由来するのか
  • 第6章 イスラム国はなぜ宣伝が巧みなのか—「アラブの春」とアメリカの中東政策の転換
  • 第7章 サダム・フセインの亡霊—「偽旗作戦」としてのイスラム国

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21551116
  • ISBN
    • 9784828418834
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    286p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ