僕のアバターが斬殺(や)ったのか

著者

    • 松本, 英哉 マツモト, ヒデヤ

書誌事項

僕のアバターが斬殺(や)ったのか

松本英哉著

光文社, 2016.5

タイトル別名

僕のアバターが斬殺ったのか

タイトル読み

ボク ノ アバター ガ ヤッタ ノカ

大学図書館所蔵 件 / 3

内容説明・目次

内容説明

仮想空間を現実の街に重ね合わせ、実際にゲーム世界を体感できるアプリ「ジウロパ」。ある日、高校生の日向朗は「ジウロパ」で自身のアバターを遠隔操作し、古ぼけたビルの一室に向かわせる。しかし、そこにいた青年のアバターと口論の末、闘いになり、彼の喉もとをバーチャル上の刀で掻き切ってしまう。翌日、そのビルで喉もとを切られた若い男の遺体が発見された。「犯人は僕なのか?」朗は高校生探偵・御影雫の力を借り、事件の真相を追うが—!?

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21590162
  • ISBN
    • 9784334910976
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    329p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
ページトップへ