加賀藩救恤考 : 非人小屋の成立と限界

書誌事項

加賀藩救恤考 : 非人小屋の成立と限界

丸本由美子著

桂書房, 2016.6

タイトル読み

カガハン キュウジュツコウ : ヒニン ゴヤ ノ セイリツ ト ゲンカイ

大学図書館所蔵 件 / 22

注記

付: 図(1枚)

災害・救恤年表(寛文〜元禄): 巻末p2-11

災害・救恤年表(天保): 巻末p13-29

内容説明・目次

内容説明

本書のテーマは、江戸時代の加賀藩において行われた救恤である。「救恤」とは、独立した生活が困難な困窮者に対する御上からの扶助を指し、特に飢饉や災害後に行われた例が多く残る。非人小屋は、その要であった。17世紀に作られて以後、廃藩まで続いたこの施設を中心に、早期かつ大規模に実施された救恤により「政治は一加賀、二土佐」と称された加賀藩の救恤の様相を紹介する。

目次

  • 導入 救恤研究の意義をどこに見出すか?
  • 第1部 非人小屋の成立—寛文・元禄飢饉における役割(先行研究と史料;非人小屋の創設—寛文の飢饉〜元禄飢饉前夜;元禄の飢饉;藩政初期の非人小屋)
  • 第2部 非人小屋と御救小屋—藩政中期〜後期における救恤(非人小屋での生活;天保飢饉下の加賀藩;天保飢饉への対策;寛文・元禄飢饉対策との相違点)
  • 第3部 非人小屋の意義と限界(非人小屋と御救小屋;非人小屋の意義と限界;第3部から析出される課題)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21603785
  • ISBN
    • 9784866270074
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    富山
  • ページ数/冊数
    235, 29p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ