書誌事項

人工知能はなぜ未来を変えるのか

松尾豊, 塩野誠著

(中経の文庫)

KADOKAWA, 2016.7

タイトル読み

ジンコウ チノウ ワ ナゼ ミライ オ カエル ノカ

大学図書館所蔵 件 / 37

注記

『東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」』(2014年刊)の改題,加筆再編集

内容説明・目次

内容説明

「人工知能」の急激な技術進歩により、政治、経済、教育、医療、労働をはじめ、我々の生活は今後、劇的に変化すると言われる。本書は、“常識”を一変させる人工知能社会への将来的展望について、人工知能学の権威が、気鋭のビジネス戦略家の率直な疑問に、対談形式で誰にでもわかりやすく答えていく一冊。ロングセラーの「人工知能」入門書、待望の文庫化!

目次

  • PROLOGUE えっ、人工知能ってそんなことまでできるの!?
  • 1 ウェブとビッグデータ、人工知能—人工知能の怖さ
  • 2 政治も経済も、国境すらも変わる—近い将来、国はなくなるか?
  • 3 ヒトと人工知能—人の「意思」は作り出せるか?
  • 4 ロボットに限界は必要か?—すべての犯罪が記録される世の中に
  • 5 身体と学習、教育の役割—もう公教育は必要ない
  • EPILOGUE 未来はそこまでやってきている

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21661271
  • ISBN
    • 9784046017031
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    294p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ