書誌事項

噴火の多様性と環境・社会への影響

ハンス-ウルリッヒシュミンケ著 ; 隅田まり, 西村裕一訳

(火山学, 2)

古今書院, 2016.6

  • : 新装版

タイトル別名

Volcanism

噴火の多様性と環境社会への影響

タイトル読み

フンカ ノ タヨウセイ ト カンキョウ・シャカイ エノ エイキョウ

大学図書館所蔵 件 / 54

注記

ページ付けは、p.1-126が無く (目次に「9章以降は、IIに収める。」とあるとおり、「火山学I<BB21618068>」の中抜け分「9章-15章」に相当する(p.127-290)を収録したものであるが、前付頁と16章以降(p.xi, 291-354)は、「火山学I<BB21618068>, 火山学II<BB21728099>」共通の内容・頁付けである。)

引用文献・参考文献: p303-320

内容説明・目次

内容説明

ドラマティックな火山噴火は、地球内部で起きているダイナミックな現象と大きく関わっている。それらはどのような因果関係があるのだろうか?本書は、火山学の世界的権威である著者が、火山活動のプロセスと火山学における最新のテーマについて、プレートテクトニクス理論に基づきわかりやすく解説したものである。後半には、噴火予知、噴火が気候へ及ぼす影響、そして最後に火山の恩恵へと、より人類に身近かなテーマに沿った話題が展開される。全編を通じてちりばめられた、読者にとって魅力的であり、またイメージを膨らませる手助けとなる美しいカラー写真とわかりやすい図版は400点にものぼる。本書は地球科学分野の学生や研究者だけでなく、火山に興味のあるすべての人たちにとって、火山や噴火現象への理解を深めたり、またそれらが社会に及ぼす影響や恩恵についての知見を広めることに役立つだろう。

目次

  • 火山体の構造とその構成物
  • ストロンボリ式、ハワイ式、プリニー式噴火とSt.Helens火山の1980年噴火
  • 火砕流、岩塊火砕流サージ、そしてLaacher See火山の噴火
  • 火と水と
  • 火山災害、火山性加害因子、火山のリスク、そして防災
  • 火山と気候
  • 人間と火山:その恩恵

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21728099
  • ISBN
    • 9784772231824
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 127-354p
  • 大きさ
    27cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ