書誌事項

保建大記打聞 3巻

谷重遠講説

柳枝軒茨城多左衞門, 享保5 [1720]

  • 1
  • 2
  • 3

タイトル読み

ホウケン タイキ ウチギキ

大学図書館所蔵 件 / 1

この図書・雑誌をさがす

注記

和漢古書につき記述対象資料毎に書誌レコード作成

刊本

3の巻頭: 「保建大記卷之下」, 下に「打聞三」とあり

見返しの書名, 版心題: 「保建大記打聞」

刷り題簽左肩子持枠「保建大記打聞 一 (~三)」

責任表示は刊語による

奥付: 「京師書林 六角通御幸町西入町 柳枝軒 茨城多左衞門」

見返しに「平安城書肆柳枝軒新鐫」、下に藏版印「柳枝軒刻」とあり

刊語: 「保建大記打聞一部土佐國谷重遠先生所講説門人録之也本書辭約 義廣故世人能解其義達其意者或鮮矣是以予請彼門下鋟櫻云 享保五庚子年正月日 平安城書肆茨城方道識」

保建大記: 栗山愿撰, 正徳2年三宅緝明序, 元禄2年栗山愿序, 正徳4年安積澹泊跋

四周単辺無界8行注文双行 内匡廓: [22.4×15.5cm] 無魚尾

訓点送り仮名付, 注釈は片仮名交じり文, 右傍: 片仮名付訓

和装本, 四つ目綴じ, 帙入り (1秩3冊)

印記:「逍遥文庫」ほか1印

同書<BB21788534>と同帙

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21789322
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    [京都]
  • ページ数/冊数
    3冊
  • 大きさ
    25.9×18.3cm
ページトップへ