日本の公的年金の話

著者

    • 本間, 初一 ホンマ, ハツイチ

書誌事項

日本の公的年金の話

本間初一著

日本法令, 2016.6

タイトル読み

ニホン ノ コウテキ ネンキン ノ ハナシ

大学図書館所蔵 件 / 12

注記

公的年金関係年表: pii-vi

内容説明・目次

内容説明

明治以降の公的年金の歩みを追跡するとともに、今後進むべき方向を明らかにしていく。

目次

  • 第1章 黎明期の公的年金(江戸から明治へ;日本で初めての公的年金は華族に支払われる年金だった ほか)
  • 第2章 戦後の再建・福祉国家を目指した社会保障(1954年(昭和29年)の厚生年金保険法の改正;国民年金法の成立 ほか)
  • 第3章 基礎年金制度の導入とその後の改正(1986年(昭和61年)の年金制度の「適正化」;基礎年金制度導入の概要 ほか)
  • 第4章 公的年金の今後(今後の年金制度(社会保障制度)はどうしたらよいのか;岐路に立つ日本の社会保障制度 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21852633
  • ISBN
    • 9784539724866
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    76, xxivp
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ