死神の報復 : レーガンとゴルバチョフの軍拡競争

書誌事項

死神の報復 : レーガンとゴルバチョフの軍拡競争

デイヴィッド・E.ホフマン著 ; 平賀秀明訳

白水社, 2016.8

タイトル別名

The dead hand : Reagan, Gorbachev and the untold story of the Cold War arms race

タイトル読み

シニガミ ノ ホウフク : レーガン ト ゴルバチョフ ノ グンカク キョウソウ

大学図書館所蔵 件 / 103

注記

参考文献あり

主要人名索引: 下巻末p1-8

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784560092576

内容説明

冷戦時代、レーガンは「核兵器の全廃」という理想を胸に秘めつつ、「スター・ウォーズ計画」を構想し、ソ連の脅威に対抗した。いっぽう新進のゴルバチョフも同様で、緊張する東西対立に劇的な分岐点をもたらそうと目論んでいた…。地図・口絵写真収録。ピュリツァー賞受賞作品。

目次

  • 第1部(危地にて;ウォーゲーム;「戦争恐怖症」;細菌の悪夢;炭疽工場;死者の手;アメリカの夜明け)
  • 第2部(「これまでのやり方じゃダメなのだ」;スパイの年;剣と楯)
巻冊次

下 ISBN 9784560092583

内容説明

ソ連崩壊後、兵器実験施設の隠蔽工作、頭脳および原材料・機材の流出を阻止すべく、ある「秘密作戦」が進行していた…。米国の調査団は「冷戦の置き土産」にどう対処したのか、「ナン=ルーガー法」が果たした大きな功績とは?地図・口絵写真収録。ピュリツァー賞受賞作品。

目次

  • 第2部(レイキャヴィクへの道;武器よさらば;細菌、毒ガス、そして秘密;失われた年;最大の突破;不穏な年)
  • 第3部(大変動;科学者たち;発覚;エリツィンの約束;「サファイア計画」;悪との対峙)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ