性犯罪被害とたたかうということ

書誌事項

性犯罪被害とたたかうということ

小林美佳著

(朝日文庫, [こ28-2])

朝日新聞出版, 2016.11

タイトル別名

性犯罪被害とたたかうということ

タイトル読み

セイハンザイ ヒガイ ト タタカウ ト イウ コト

大学図書館所蔵 件 / 15

注記

2010年刊の加筆

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

被害者たちの証言から明らかになる性犯罪被害の現実。そして、裁判員裁判、刑法改正に向けた動きなど、社会の変化に翻弄されながらも、前に進もうとたたかう被害者たち。近年はSNSを使った子どもの被害も問題視され、決して他人事ではない性犯罪の実態を訴える。

目次

  • 第1章 10年前のあの日
  • 第2章 裁判員裁判を通して
  • 第3章 報じられない被害の現実
  • 第4章 秘密を抱える人たち
  • 第5章 打ち明けられた側
  • 第6章 顔を出すということ
  • 第7章 被害者同士がつながる意味

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB22557049
  • ISBN
    • 9784022618825
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    229p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ