書誌事項

ベルギーを「視る」 : テクスト-視覚-聴覚

三田順編著 ; 岩本和子 [ほか] 著

松籟社, 2016.11

タイトル別名

ベルギーを視る : テクスト視覚聴覚

タイトル読み

ベルギー オ「ミル」 : テクスト-シカク-チョウカク

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

その他の著者: 吹田映子, 田母神顯二郎, 的場寿光, 武村知子

収録内容

  • マーテルランクと絵画 : 「幼児虐殺」を通してフランドル性を「視る」 / 岩本和子 [著]
  • ベルギーにおける「現実的幻想」の系譜 : 文学と絵画における「ベルギー的」美学の源泉を求めて / 三田順 [著]
  • 1920年代末のポール・ヌジェとルネ・マグリットによるイメージ論 : 「孤立」をめぐって / 吹田映子 [著]
  • インファンスの絵画 : ミショーとドゥルーズ / 田母神顯二郎 [著]
  • アニメーションにおける幻想の系譜 : ラウル・セルヴェの「抵抗」について / 的場寿光 [著]
  • C'est si loin mais ici : アンドレ・デルヴォーの映画を聴く / 武村知子 [著]

内容説明・目次

内容説明

ヨーロッパの縮図と言われる国、ベルギー。ゲルマンとラテンの文化が拮抗するこの国で、芸術はそのアイデンティティーをいかに探ってきたか。言語圏の垣根を越えたアプローチが可能な「視覚」の芸術を媒介項に、分野を横断した論考群でベルギー文化の独自性に迫る。全言語圏を視野に入れてベルギーの芸術を論じ、人文学を中心とした新たな学術領域「ベルギー学」の構築を目指す。

目次

  • 1 マーテルランクと絵画—『幼児虐殺』を通してフランドル性を“視る”
  • 2 ベルギーにおける「現実的幻想」の系譜—文学と絵画における「ベルギー的」美学の源泉を求めて
  • 3 1920年代末のポール・ヌジェとルネ・マグリットによるイメージ論—「孤立」をめぐって
  • 4 インファンスの絵画—ミショーとドゥルーズ
  • 5 アニメーションにおける幻想の系譜—ラウル・セルヴェの「抵抗」について
  • 6 C’est si loinmais ici—アンドレ・デルヴォーの映画を聴く

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB22644063
  • ISBN
    • 9784879843517
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    183p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ