書誌事項

人生の住処

巽豊彦著 ; 巽孝之編

彩流社, 2016.11

タイトル読み

ジンセイ ノ スミカ

大学図書館所蔵 件 / 21

注記

巽豊彦年譜: p227-235

内容説明・目次

内容説明

19世紀英文学を中心にカトリック精神史を辿り直す独特の学風。戦後40年間の長きにわたって上智大学で教鞭を執った英文学者・巽豊彦の珠玉の遺稿集。

目次

  • 英文学への招待(英国と英語と英文学;偶然の世界)
  • 第1部 イギリス小説の紳士像(オースティンにおける紳士像;トロロプにおける紳士像;ウォーとカトリシズム;ディケンズにおける紳士像—Great Expextationの場合;ニューマンの大学論—理想としての自由教育)
  • 第2部 上智大学とカトリシズム(ニューマン・岩下・吉満—復興への軌跡;舟川一彦著『十九世紀オックスフォード—人文学の宿命』;戦後の高揚期を偲びつつ—追憶の『ソフィア』;安堵の沙汰やみ—刈田元司教授回想;極右と極左—秋山健教授追悼)
  • 第3部 終の避暑地で(松目への道;ブブノワさんと富士見;ある修道士の生涯—アロイジオ神父のこと;大学誘致の夢)
  • 第4部 ある伝記の試み—父・巽孝之丞(巽孝之丞小伝(草稿))

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ