書誌事項

いま、兜太は

金子兜太著 ; 青木健編

岩波書店, 2016.12

タイトル別名

Ima Tota wa

いま兜太は

タイトル読み

イマ、トウタ ワ

大学図書館所蔵 件 / 21

内容説明・目次

内容説明

俳句生活八十年。世代を超えて人びとを惹きつける金子兜太の世界に、多様な角度から迫る。兜太入門に最適な自選自解百八句、インタビュー、そして、金子兜太を敬愛する十人の寄稿により、立体的に浮かび上がる、その作品と人間の魅力。

目次

  • 自選自解百八句(金子兜太)
  • わが俳句の原風景(金子兜太 聞き手 青木健)
  • いま、兜太は(ケダモノ感覚の句にしびれる(嵐山光三郎);私の金子兜太(いとうせいこう);存り在るひと(宇多喜代子);進化する人間 深化する俳人とともに(黒田杏子);兜太への測鉛(齋藤慎爾);“霧”のみちのり—金子兜太の「古典」と「現代」(田中亜美);希望の星(筑紫磐井);うろつく兜太—十句を読む(坪内稔典);生きもの感覚を見つめる(蜂飼耳);ことばの体幹(堀江敏幸))

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB22770137
  • ISBN
    • 9784000611701
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 164p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ