書誌事項

マティスとルオー友情の手紙

アンリ・マティス, ジョルジュ・ルオー [著] ; ジャクリーヌ・マンク編 ; 後藤新治他訳

みすず書房, 2017.1

タイトル別名

Matisse-Rouault, correspondance 1906-1953 : une vive sympathie d'art

友情の手紙 : マティスとルオー

タイトル読み

マティス ト ルオー ユウジョウ ノ テガミ

大学図書館所蔵 件 / 92

注記

責任表示の記述は奥付による

監修: パナソニック汐留ミュージアム

年譜: xl-lxip

別冊図録あり(「マティスとルオー」<BB24115052>)

内容説明・目次

内容説明

気質も画風も好対照。そめゆえに惹かれ合い、ライバルとして高め合ってきたマティスとルオー。ふたりはパリ国立美術学校のギュスターヴ・モロー教室で出会って以来、マティスの死の直前まで50年にわたり手紙を交わし、家族ぐるみの交流をつづけた。恩師との思い出、フォーヴィスムの誕生、画商への愛憎、贋作騒動、「聖なる芸術」への熱情—ふたりの巨匠の創作の舞台裏。図版75点、詳細年譜、関連地図を収録。

目次

  • 1906‐07年 サロン・ドートンヌ事件
  • 1930年 ふたりのマティス
  • 1934年 画商との確執
  • 1937‐38年 絵付けと舞台美術
  • 1941年 占領地区と自由地区
  • 1944年 解放前夜
  • 1945年 ボノムという画家
  • 1946年 「黒は色である」
  • 1947年 ヴォラール裁判
  • 1949年 聖なる芸術
  • 1951年 古いなかンま
  • 1952年 ユネスコ世界会議
  • 1952−53年 最後の邂逅に向けて—マティスへの質問状
  • 1954年 エピローグ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB22837963
  • ISBN
    • 9784622085645
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    263, lxip, 図版 [19] 枚
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ