書誌事項

アベノミクスは進化する : 金融岩石理論を問う

原田泰, 片岡剛士, 吉松崇編著

中央経済社 , 中央経済グループパブリッシング (発売), 2017.1

タイトル読み

アベノミクス ワ シンカ スル : キンユウ ガンセキ リロン オ トウ

大学図書館所蔵 件 / 45

注記

その他の著者: 安達誠司, 嶋津洋樹, 青木大樹, 村上尚己, 中川藍, 宮嵜浩

内容説明・目次

内容説明

あるとき、いきなりハイパーインフレになるのでは?金融緩和はバブルを生むだけなのでは?金融緩和が財政赤字を招くのではないか?金融緩和は日銀を債務超過に追いやるのでは?マイナス金利政策は、金融緩和効果を阻害するのでは?—巷に流布する誤解を正す。

目次

  • 金融岩石理論とは何か
  • 金融緩和政策とハイパーインフレ
  • 金融政策と円暴落
  • マネタリーベースの拡大と金利暴騰
  • 金融緩和政策とバブル
  • 中央銀行のバランスシート拡大と財政への信認
  • 金融緩和政策が財政赤字を招くのか
  • 金融緩和政策、通貨安競争、交易条件
  • 量的緩和の出口は日本経済にとって危険か
  • 中央銀行の出口の危険とは何か
  • 財政赤字は長期金利を暴騰させるのか
  • 構造失業率推定方法の誤り
  • マイナス金利付き量的・質的金融緩和

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23021408
  • ISBN
    • 9784502202711
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    [東京],東京
  • ページ数/冊数
    iv, vi, 280p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ