書誌事項

あきらめる練習

名取芳彦著

(SB新書, 378)

SBクリエイティブ, 2017.1

タイトル読み

アキラメル レンシュウ

大学図書館所蔵 件 / 11

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

人生を前向きに「諦める」仏教の智恵。「諦める」は、最後までやらずに途中で投げ出すという意味で使われがち。でも、仏教では、必ずしもネガティブな言葉ではなく、物事の本質を明らかにする、つまり「明らめる」の意味を含めた前向きな言葉なのです。悩みや境遇、負の感情などを積極的に「諦める」ことで、心の重荷は軽くなり、新たな一歩を踏み出すことができ、人生は好転するのです。大ベストセラー『般若心経、心の「大そうじ」』のほうげん和尚が、「あきらめ」がつかない悩める現代人に向けて、煩悩を静める仏教の智恵をやさしく指南。

目次

  • 序章 「諦める」ことで、心を大掃除—「心の風通し」をよくする仏教の智恵
  • 第1章 人生に大切なのは本当に「諦める」こと—積極的に諦めることで見えてくる
  • 第2章 「こだわり」は不安、焦り、怒りの源—心の安らぎを得る「少欲知足」のすすめ
  • 第3章 「考えすぎ」が毎日を窮屈にさせている—「無明」が人間の苦しみを生む
  • 第4章 「比べない」幸せに早く気づいた者勝ち—諦め上手で劣等感を引きずらない
  • 第5章 やがてすべての悩みが小さく見えだす—明日のことより「今ここ」が大事

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23162931
  • ISBN
    • 9784797386905
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    205p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ