パキスタン財閥のファミリービジネス : 後発国における工業化の発展動力

書誌事項

パキスタン財閥のファミリービジネス : 後発国における工業化の発展動力

川満直樹著

ミネルヴァ書房, 2017.3

タイトル読み

パキスタン ザイバツ ノ ファミリー ビジネス : コウハツコク ニオケル コウギョウカ ノ ハッテン ドウリョク

大学図書館所蔵 件 / 72

注記

参考文献: p277-290

博士論文「パキスタン財閥の生成と発展」(大阪学院大学, 2015) に加筆修正を加え、その後発表した論文を含めまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

本書では、パキスタンの経済発展過程を分離独立から1950、60、70、80年代の4つの時期に区分し捉える。パキスタン経済の発展を支える財閥のファミリービジネスの特徴を述べると同時に、イスラーム圏の特徴を持った経済システム、そして政権との関係を検討し、イスラーム圏における後発工業化の初期段階の様相を浮き彫りにする。

目次

  • 序章 後発国パキスタンの工業化と財閥
  • 第1章 パキスタン経済と財閥
  • 第2章 ハビーブ財閥
  • 第3章 アーダムジー財閥
  • 第4章 ダーウード財閥
  • 第5章 アトラス財閥
  • 第6章 ビボージー財閥
  • 第7章 ラークサン財閥
  • 第8章 ファミリービジネスにおける一族員・傘下企業・株式所有
  • 終章 パキスタン財閥におけるビジネスの継承

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ