失われたパリの復元 : バルザックの時代の街を歩く

書誌事項

失われたパリの復元 : バルザックの時代の街を歩く

鹿島茂著

新潮社, 2017.4

タイトル別名

Restauration de Paris perdu : marcher dans les rues au temps de Balzac

タイトル読み

ウシナワレタ パリ ノ フクゲン : バルザック ノ ジダイ ノ マチ オ アルク

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

『芸術新潮』の連載「失われたパリの復元」全40回のうちの大半に加筆修正を加えたもの

挿図の一部はアドルフ・マルシアル=ポテモンの銅版画集「いにしえのパリ」("Ancien Paris, 300 eaux-fortes" 1866年刊) より

内容説明・目次

内容説明

オスマン大改造で消滅した街並みが、幻の銅版画集をもとによみがえる。著者のライフワーク、ついに刊行!『人間喜劇』『レ・ミゼラブル』『感情教育』『悪の華』…当時のパリを知れば、名作の数々がよりリアルに。パリ風景の克明な記録者マルシアルの150点を中心にカラー図版・地図多数掲載。

目次

  • イントロダクション(マルシアル『いにしえのパリ』との出会い;大革命前後—消滅と出現 ほか)
  • 第1部(これより本編、マルシアル『いにしえのパリ』をひもときながら;『従妹ベット』または復讐する女の地図 ほか)
  • 第2部(馬車パレードしよう!それからイタリアン大通りで遊ぼう;イタリアン大通りを制する者はヨーロッパを制す 絢爛豪華グルメ合戦 ほか)
  • 第3部(浮浪児ガヴローシュの家またはバスチーユの巨象伝説;居酒屋「コラント」または偶然のバリケード ほか)
  • 第4部(いよいよ左岸へ カルティエ・ラタンの青春食堂;続カルティエ・ラタンの青春食堂またはパリ大学早わかり ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ