書誌事項

文化のなかの自然

野田研一, 山本洋平, 森田系太郎編著

(環境人文学, 1)

勉誠出版, 2017.4

タイトル読み

ブンカ ノ ナカ ノ シゼン

大学図書館所蔵 件 / 131

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

文学、哲学、音楽、社会学など、多分野の学問を横断し、これからの人文学が「環境」をどのように考えていくことができるのかを探る。石牟礼道子、伊藤比呂美、大城立裕、小池昌代、管啓次郎といった日本を代表するネイチャーライター(環境文学作家)のインタビュー、鼎談、講演録も所収。自然環境を、人間中心の理解ではなく、異なるパースペクティブとして捉えなおすために、環境人文学の可能性を提示する。細野晴臣の鼎談も掲載!

目次

  • 1 場所と記憶のあいだ(対談 この風景を感知する;インタビュー ことばの力;「草の道」から「歴史の時間」—石牟礼道子の「亡所」探索;講演録 沖縄という場所から—私の文学;林京子論—即物的に語り続けた理由)
  • 2 文化と言葉のあいだ(鼎談 異文化の音、自然の音—音楽を“異化”する;ポピュラー・カルチャーにみる自然—人間のつながりの表象の変遷;花札追憶—明治三五年帝国議会議事録を中心に;“私”をつくる教室—自然・メディア・書くこと;繋ぐ—異文化、異言語、そして歴史)
  • 3 自然と生きもののあいだ(対談 山川草木鳥獣虫魚党宣言!—動物のいのち/植物のいのち;「超身体性」で読み解く伊藤比呂美の『河原荒草』—「二つの自然」を超えて;本草学の世界—“環境文学”への道程;深き自然への祭典—日野啓三論;言葉の“かたち”が語ること—梨木香歩の「反復」を読む)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ