書誌事項

犯罪をどう防ぐか

浜井浩一編

(シリーズ刑事司法を考える, 第6巻)

岩波書店, 2017.6

タイトル別名

Thinking of new horizon in criminal justice

タイトル読み

ハンザイ オ ドウ フセグカ

大学図書館所蔵 件 / 124

注記

参考文献: 各項末

内容説明・目次

内容説明

刑事司法は刑の執行で終わりではない。裁判の終結から刑の執行、さらにその先まで、犯罪者をどう処遇すれば再犯防止につながるのか。そして、厳罰化は有効なのか。日本の犯罪と刑罰を事実に基づいて分析し、少年非行、障害者や高齢者の犯罪、薬物依存などに光を当てて、犯罪者の立ち直り支援や犯罪予防、それらを支える社会のあり方を考える。

目次

  • 1 少年非行に対して社会はどう立ち向かうべきか(少年犯罪の社会的構築と実相;少年非行の実証研究;少年司法の現状と課題—少年法改正の意味)
  • 2 社会にとって刑罰とは何か(日本の刑罰は誰を何のために罰しているのか—持続可能な刑罰とは;日本のポピュリズム刑事政策—その特色・現状・展望;最近の刑事立法は何を実現しようとしているのか;刑罰のコントラスト;日本における死刑と厳罰化の犯罪抑止効果の実証分析)
  • 3 再犯防止と犯罪者の立ち直りはどうあるべきか(再犯防止と更生のための取組—「居場所」と「出番」を中心に;司法と福祉の連携—累犯障害者と地域生活定着促進事業;薬物政策の未来予想図—薬物処罰も超えて、ドラッグ・コートも超えて;犯罪からの離脱—リスク管理モデルから対話モデルへ)
  • 4 犯罪のない社会は作れるのか(エビデンスに基づく防犯—監視、照明、パトロール;地域社会を活かした犯罪予防—少年非行防止に資する社会参加活動を中心に;手続き的公正—信頼される刑事司法とは?)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23878387
  • ISBN
    • 9784000265065
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxvi, 342p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ