書誌事項

わが解体

高橋和巳著

(河出文庫, [た13-17])

河出書房新社, 2017.4

タイトル読み

ワガ カイタイ

大学図書館所蔵 件 / 3

注記

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

私を支えるものは文学であり、その同じ文学が自己を告発する—一九六〇年代末、助教授として京大紛争の渦中を生きた文学者が、死に至る闘病生活のなか、「その全過程を完全に、書ききったとき、まぎれもなく、私自身は解体する」という自覚のもと、当時の全共闘運動と自己の在り方を“わが内なる告発”として追求した、思想的遺書とも言うべき著者最後の長編エッセイ。表題作ほか、母の祈りにみちた闘病の記「三度目の敗北」などを併録。

目次

  • わが解体
  • 三度目の敗北—闘病の記
  • 死者の視野にあるもの
  • 内ゲバの論理はこえられるか
  • 自己否定について
  • 経験について
  • 死について

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23984318
  • ISBN
    • 9784309415260
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    273p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ