書誌事項

もがく建築家、理論を考える

東京大学建築学専攻Advanced Design Studies編

(T_ADS texts, 02)

東京大学出版会, 2017.6

タイトル別名

もがく建築家理論を考える

Four facets of contemporary Japanese architecture, first facet : theory

タイトル読み

モガク ケンチクカ リロン オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

東京大学の無料オンラインコース『現代日本建築の四相』での隈研吾, 小渕祐介による議論をイントロダクションに, 6人の日本人建築家へのインタビューを本文としてまとめたもの

インタビュアー: 小渕祐介 ; インタビュイー: 磯崎新, 香山壽夫, 藤森照信, 大野秀敏, 妹島和世, 隈研吾

内容説明・目次

内容説明

1964年と2020年—ふたつのオリンピックのはざまで、現代日本建築の格闘を丹下健三につづく4世代の建築家が語る。

目次

  • なぜいま丹下健三から考えるのか(隈研吾;小渕祐介)
  • 空間を感知するために(磯崎新)
  • 様式を共有する(香山壽夫)
  • 建築の始原へ(藤森照信)
  • つなぐ建築(大野秀敏)
  • 建築より大きく、都市より小さく(妹島和世)
  • 日常の建築家(隈研吾)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23994639
  • ISBN
    • 9784130638517
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 257p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ