B型・C型肝炎の抗ウイルス療法 : 最前線の治療エッセンス

書誌事項

B型・C型肝炎の抗ウイルス療法 : 最前線の治療エッセンス

持田智編

医薬ジャーナル社, 2017.7

タイトル読み

Bガタ Cガタ カンエン ノ コウウイルス リョウホウ : サイゼンセン ノ チリョウ エッセンス

大学図書館所蔵 件 / 31

内容説明・目次

目次

  • 1 治療指針とガイドライン
  • 2 B型肝炎の抗ウイルス療法(IFN、Peg‐IFN;核酸アナログ製剤)
  • 3 C型肝炎の抗ウイルス療法(IFN、Peg‐IFN:単独およびリバビリンとの併用療法;NS3/4Aプロテアーゼ阻害薬:Peg‐IFN、リバビリンとの3剤併用療法;ダクラタスビルとアスナプレビルの併用療法;ソホスブビル/レジパスビル配合薬による治療;オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル配合薬による治療;ソホスブビルとリバビリンの併用療法;エルバスビルとグラゾプレビルの併用療法)
  • 4 抗ウイルス療法の課題と留意点(B型肝炎;C型肝炎;医療経済)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24215716
  • ISBN
    • 9784753228430
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    195p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ